アコースティック・エミッションAEの適用事例と文献・技術情報




はじめに


 
社会基盤をなす各種構造物において,「建設のみ」を考える時代は終わり,建設と同時にすでに建設されたものを含めて,いかに長く使用するか考える,「維持管理」の時代へと転換しつつあります.この時,構造物の劣化度を評価し,補修,補強の必要性を客観的かつ合理的に判定可能な,健全性診断技術の確立が必要不可欠です.ここではAE法を中心に技術資料をもとに適用事例を論文等で紹介致します.またこれにより,アコースティック・エミッション(AE)の導入のお役に立てれば幸いです.

土木・構造物編

1. 実橋のPC桁における鋼線破断のAEによる連続モニタリング

2. AE法およびAE/UT法によるRC柱の水平交番載荷における損傷評価
 
湯山茂徳,李正旺,伊東良浩,荒添正棋 コンクリート工学年次論文報告集,Vol.21,No.3 1999 pp. 613-618

3. モーメント・テンソル解析適用による鉄筋コンクリート供試体中に生ずるひび割れ進展過程の定量的評価と可視化
 
湯山茂徳,岡本享久,重石光弘,大津政康 平成6年8月 非破壊検査 第43巻 第8号 pp. 514-522

4. AE法およびAE/UT法による鉄筋コンクリート床版の劣化損傷評価
 
友清剛,吉沢勝,湯山茂徳,魚本健人 コンクリート工学年次論文報告集,Vol.21,No.2 1999 pp.1237-1242

5. AE法による橋梁基礎の損傷調査
 
中西康博,塩谷智基,羅休,羽矢洋,稲葉智明 土木学会,既設構造物の耐震補強に関するシンポジウム論文集,pp. 31-38,2002.

6. AE法を用いた地下発電所空洞掘削時のゆるみ領域評価
 
塩谷智基,河原田寿紀,日高英介,中西康博,西村毅 日本非破壊検査協会,第14回AE総合カンファレンス論文集,pp. 143-146,2003.

7. 高性能コンクリートを用いたRC 構造物の鉄筋付着性状

 
  岩城圭介,槙島修,田中斉,小澤一雅 コンクリート工学年次論文報告集,Vol.24,No.2 2002 pp. 805-810

8. AE法によるコンクリート構造物の健全性診断(解説)    
  湯山茂徳,岡本享久 非破壊検査第49巻2号 2000

設備診断編
配管のAE試験

1. 配管のAEによる腐食損傷評価(日本フィジカルアーコスティクス広報資料)

2. 配管におけるAE波の伝播・減衰に関する基礎的検討
 
 湯山茂徳,李正旺,山田 實,林高弘 第16回AEコンファレンス

3. 配管におけるAE源位置標定精度の定量的評価と実構造物への適用
   湯山茂徳, 李正旺,山田 實,林高弘 第16回AEコンファレンス



タンク底板のAE試験

1. タンク底板の腐食損傷診断における国内外のAE試験適用の現状(解説)
   湯山茂徳,山田 實,関根和喜 圧力技術 第40巻 4号

2. AE法による実タンク底板の稼働中腐食損傷評価
   橘川重郎,山田 實,湯山茂徳,丸山裕章,関根和喜 JHPI Vol,40 No.4 2002.

3. AE法によるタンク底部の腐食損傷診断における雑音処理方法
   湯山茂徳,李正旺,山田 實,関根和喜,橘川重郎,丸山裕章,紺野臣郎,非破壊検査 第53巻11号


4. 工水タンク模擬漏洩によるAEの定量的評価に関する研究
   神谷篤志,諸藤浩一,江沼数志,山田 實,湯山茂徳 圧力技術 第40巻 4号


その他設備のAE試験

1. AEによる変圧器の部分放電の評価
   宿口哲也,久野勉,西本重人 アコースティク・エミッション


2. AEによるころがり軸受診断技術の開発
  井上紀明,西本重人,藤本芳樹,原田俊二 川鉄技法 Vol20,pp64-68 1988



 アコースティックエミッションは、1)亀裂進展 2)摩擦摩耗 3)液体や気体の漏洩 4)腐食 5)放電 などにより放出されます.この現象を応用すると、部材の亀裂、軸受の疲労・潤滑不良、配管の漏洩・腐食、変圧器の部分放電…さまざまな設備の異常を診断することができます. また、アコースティックエミッション(AE)は設備の稼動条件にあまり影響を受けません.例えば軸受では、回転数に関係なく異常を判断できるので、従来、振動法では診断が困難だった低速軸受も診断することができます.


アコースティック・エミッションによる設備診断事例

 AEによる設備診断事例を下記に示します.ここで紹介した製品検査例はほんの一部にすぎません.
お知りになりたい診断事例が御座いましたらご連絡,ご相談下さい.


増減速機診断 FRP構造物診断 床版劣化評価
転がり軸受診断 SCC亀裂評価 斜面崩壊評価
メタル軸受診断 タンク腐食評価 トンネル劣化評価
軸亀裂評価 配管腐食評価 橋梁健全性評価
電動弁摩耗評価 配管漏洩検査 荷重推定
スライド面摩耗診断 弁漏洩評価 エスカレータ診断
熱風炉欠陥評価 変圧器部分放電評価 エレベータ診断
ジャケット亀裂評価 モータ放電評価 シール劣化評価
球形タンク欠陥評価 タービンブレード評価 カップリング亀裂
キャビテーション評価 ガスタービン異常評価 2重配管亀裂評価
地下杭亀裂評価 PC鋼グラウト評価 燃料タンク欠陥評価



製品検査編 

1. AE法の製品検査への応用(解説)

   西本重人,湯山茂徳,非破壊検査 第57巻10号 2008


2. AE法による打ち抜き加工のバリ発生評価
   西本重人,新家昇,非破壊検査 第54巻10号 2005

3. AEの新素材への適用
   湯山茂徳,岸輝雄 非破壊検査,第35巻第10号,pp720-728 1986


4. AEによる線材傷の評価技術
   西本重人,新家昇,非破壊検査


5. AEによる金型工具摩耗の評価
   西本重人,新家昇

6. AEによるHDDヘッドクラッシュ検出




 アコースティックエミッションによる製品検査の方法には大きく2つの方法があります.ひとつは、製品の加工時に生じる亀裂や摩擦・摩耗を検出する方法で、AEの基本的な使用法となります.もうひとつは、加工の完了した製品に対して荷重を負荷して、存在する亀裂の破面が衝突したりこすれあったりすることにより発生したAEを検出する方法です.この場合、負荷する荷重は設計荷重の5%〜10%が適当です。 アコースティックエミッションによる製品検査は1)加工と同時に異常の発生を検知可能. 2)基本的に検査方法は、AEセンサを取り付けるだけで検査できるので生産ラインの大きな改造は不要. 3)可聴域の騒音に影響を受けないので、防音室が不要.…等、他の検査方法と比較して優位な点が多数あります.

アコースティク・エミッションによる製品検査例

 
AEによる製品検査例を下記に示します.ここで紹介した製品検査例はほんの一部にすぎません. お知りになりたい検査事例が御座いましたらご連絡,ご相談下さい.

金型AE検査装置 圧入時割れ検査 タップ折れ検出
研削焼け検査装置 セラミック欠陥検査 ドリル摩耗欠損検出
射出成型割れ検査 ソーラーパネル欠陥検査 CFRP欠損検査
ダイス傷検査装置 鍛造歪取り時亀裂検査 抵抗溶接欠陥検査
レーザー溶込み不良検査装置 HDDヘッドクラッシュ検出 絞り加工割れ検査
遠心分離完了評価 歯車噛み合わせ検査 エンジン燃焼タイミング
ICボンディング不良検査 鍛造割れ検査 ガラス切断時欠陥
マグネット亀裂検査 混合完了評価装置 ガス溶接欠陥検査
工具接触検知 クランクシャフト亀裂評価 合板の欠陥検出



アコースティック・エミッションの計測サービス

 御希望の計測対象のアコースティックエミッションを計測し、計測結果の報告書を作成します。材料試験からロケットまで、さまざまなAE計測に対応致します.また,AEの適用法がよくわからない,あるいはAE計測がうまくいかない等,AEに関する疑問や悩みなど,弊社にご相談下さい.経験豊富なスタッフが的確なアドバイスをさせて頂きます.

年末までの期間限定キャンペーン実施中

     「アコースティックエミッション(AE)トライアル計測サービス」

 弊社のトライアル計測はお手頃の価格で、AEのことを実際にご覧になって、その効果を検証して頂くサービスをご提供致します。これにより、アコースティックエミッション(AE)の導入のお役にたてば幸いです。

詳しくは上のタイトルをクリックお願い致します。






AE試験に興味のある方はこちらから またはこちらへ 


日本フィジカルアコ−スティクス株式会社 Nippon Physical Acoustics, LTD.
ホームページ: http//www.pacjapan.com
150-0011 東京都渋谷区東2丁目1710号、岡本LKビル8
TEL: 03 (3498) 3570
FAX: 03 (3498) 8450
日本フィジカルアコ−スティクス株式会社西日本支社
630-0226 奈良県生駒市小平尾町107-23
TEL: 0743
763512FAX: 074376)3521
 


(C) Copyright 2005, Nippon Physical Acoustics, LTD., A Member of MISTRAS Group Inc.  All right reserved

Last update: Jul. 31, 2012